古民家に佇むもの


古民家再生のお祝いに、砂色(ドイツ壁のイメージ)のつみきの家を贈りました。

⇒過去の「つみきピッコロプロジェクト

スマートフォン表示: 画面最下部「PC版で表示」を推奨 

(写真)横浜元町の老舗「霧笛楼」さんの苺ショートケーキの上につみきピッコロ
(写真)横浜元町の老舗「霧笛楼」さんの苺ショートケーキの上につみきピッコロ

昭和初期の家

都内某所。昭和ひとけたに建てられた「古民家」をリノベーションしたお宅にお邪魔した。

窓、扉、梁、縁側、庭、基本はオリジナルを残した造りで、屋根や壁は当時の手法を以て再生。

主たる和室+木の出窓が残る洋間。タイムトリップするような、和風でありながら西洋を訪れたような、不思議な気分。


東京都庭園美術館(旧朝香宮邸)が、1933(昭和8)年のものなので、まさに同時代に建てられた、和洋の融合から生まれたお家なのだ。

(写真)それでも地球はまわる/磁土の家
(写真)それでも地球はまわる/磁土の家

大和魂が降りて来たような

梁、襖、障子など当時の和建具を使い、廊下の木床は、一度はがして床下のメンテナンスを行った上、当時のものを張り直すという徹底ぶり。

ガラス窓は、明治・大正・昭和初期につくられた古型硝子。冬の朝、学校のバケツでみた薄氷のような「結霜ガラス」(融解ガラスに膠で模様をつけたもの)はなんとも美しく、懐かしい気分になる。

屋根は「フランス瓦」、外壁は「ドイツ壁」。仕事柄興味を持った「フランス瓦」。詳細はこちら⇒ブログ備考「「ジェラールさんのフランス瓦!」「ドイツ壁」も、レアで絶滅寸前の左官工法であるとか。両工法とも、明治〜昭和初期のもので、和風建築に西洋文化を取れ入れたモダンな造り。家主の友人は、それら職人さん、大工さんのキリリとした背中に感動したという。

 

その昔、職人さんは西洋の工法を、特色である日本の繊細な手法と「大和魂」をもって受け継いだ。つまりは「大和魂」がお家の各所に残っているのだ。

(写真:ミニ土鍋/招いてくださった友人は土鍋作品のお客様でもある!)

そんなすてきな空間に、色違い、柄違い3つものCocciorino土鍋が鎮座していた。

「大和魂」を回想する中で、恐縮する気分だったが、そのお宅の子になりきり佇む姿がとても嬉しかった。

古き良き文化の融合 -グリーンベルベットに恋して−

天井からは、アールデコか大正ロマンか、うっとりするような光を放つランプシェードが吊り下がり、床には和骨董の大きな陶壺が自然に佇む。フローリングの洋間やダイニングには古き良き英国デザインの椅子。床の間のある和室に接しているのに全く違和感がない。まさに「文化の融合」。

ウィリアム・モリスの1900年代のヴィンテージデザインだと思われる椅子には息をのんだ。グリーンベルベットの座面は感心するほど美しい仕事で張り替えられ、思わず座面をなで、図々しくも「座っていいですか?」と言葉が出てしまったほど。

「まだまだまだ」と「もう」

写真は4~5年前から使っている我が家の土鍋。
まだまだまだまだ。この「まだまだまだ」は永遠につづくだろうし、「もう」というのはないのだろう。生きるには限界があるけれど、精神には限界がない。

前記事でも書いた通りだが、あらためて「時が経ったときにこそ、グッとくる表現者」になりたいと思った。件の大工さんのように、端然とした背中を、人生の機微が表われるような面を…などと「まだまだ」な私が大寒の日にぼやいたりしている。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP