地球のかけらアクシス

それでも地球はまわる

アトリエをとびだしてイキイキする陶たちの様子が大好き。器が使われている様子はもちろん、このような地球のかけら(陶のかけら)が別の場所で、分身としてイキイキしている様子が愛おしくてたまらない。「おめんちゃん展」においては、くだらない陶のかけらを(産みの母である私は大変分身を愛し、そして育ての母たちもきっとそうであると存じております)購入してくださった方々や、森の中で経年変化を展示してくださるギャラリーに深く感謝している。

※Cocciorino;陶のかけら(地球のかけら)

「タネと根っこ」と「足あと」というアクシス

なぜならばCocciorinoのテーマは「タネと根っこ」そして「足あと」であるから。すてきなモノをつく ろうとか、人のためになるようなことをしようとか、大きく広く先ばかり睨みつけてもなんだかナンセンスなんじゃないかなと思う今日この頃。ニンゲンなんて なんだか虫けらみたいに思えてきてしまい「先」も「そこ」も「ここ」も似たような距離だったり、「広」も「狭」も宇宙に比べたらボールペン先の点の範囲なんじゃないかと思えてきた。

それならば。ふとひらめいたモノや、理由はわからなくても心地いいなと思うようなモノを丁寧につくろう。心が浮ついたりし たら「宇宙に行くにはまだはやい」と激励しよう。それよりもアイディアがふわふわ湧いてくるような生活をしよう。アイディアはふわっとでも、つくるときは 真剣に。これくらいの精進はボールペン先の点の中でも忘れないように。

とびだせ分身!

1990年代のほとんどをイタリア滞在に費やした。その時にひしひし感じたことが冒頭の「タネと根っこ」「足あと」というアクシス。いつも年齢的な節目(西暦的な節目にもちょうど重なる)に大きなリセットをかけてきたのだが、今年2016年は、このアクシスを強く意識しながら「とびだせ分身!」と旗を掲げて作品という分身を作者が応援しようと思う。

ものをつくって、ものづくりについて考える…つくったらおしまいではない。つくる人からとびだして作品という分身になっても、それが陶器のかけらであっても「それでも地球はまわる」のですから。

mobilephoneから閲覧の方々へ:お手数ですがページ最下部の「パソコン版で表示」クリックを推奨いたします。

晩秋のころ~ファーグリーン(モミの葉色)

http://www.mphoto-net.com/
写真:Mphoto Studioより引用:http://www.mphoto-net.com/

ギャラリー忘我亭での個展「おめんちゃん」(現在終了)の様子を同行いただいたカメラマンさんに撮影していただいた。昨年晩秋、まだ寒波なんて想像できなかった季節の森はファーグリーン(モミの木色)だった。このあと蓼科の森と精霊たちはさて…? ⇒カメラマンMphoto Studio BLOG「森の精霊たち」

小寒のころ~キャラメルカラー

https://www.facebook.com/ギャラリー忘我亭-279831165413434/?fref=photo
写真:ギャラリー忘我亭より引用 http://www.tateshina-bougatei.com/index.html

今年は暖冬だとかで…通常雪ですっぽり覆われる1月初旬の蓼科のギャラリー忘我亭の森は、まだまだキャラメルカラー。精霊たちも踊ってる。  ⇒ギャラリー忘我亭「ブラックボッチ」

大寒のころ~スターチカラー(片栗粉色)

https://www.facebook.com/ギャラリー忘我亭-279831165413434/?fref=photo
写真:ギャラリー忘我亭より引用 http://www.tateshina-bougatei.com/index.html

とうとうスターチカラーの雪まみれの森に!精霊たちは冷たい雪もあたたかいシャッポに変えるのだ。表情まで変化する陶のおめんちゃんが愛おしい。⇒ギャラリー忘我亭「雪のシャッポ」  

⇒BLOG くらしと器 アーカイブス

 

⇒WEB MAGAGINE とびだせtamamiazuma.com!(@note)
※アトリエからとびだしてイキイキした陶作品の様子をコレクション。「つくる」より「生まれた作品」(分身)に視点をおいた過去記事集。2016年版としてリニュアルしてゆっくり掲載中。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交っている。見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所です。土鍋を囲むと、PIAZZA(広場)にいるような気持ちになります。話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

Facebook Cocciorino(工房ページ)

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

Twtter Cocciorino(工房ページ)

EXHIBITION/EVENT

今後の予定

クリスマスの展覧会

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

詳細は後日。どうぞお楽しみに。

終了したイベント/展示

2人展

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了いたしました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP