太陽が呼ぶ「麦ごはんDONABEサラダ」

「麦ごはんサラダ」大土鍋 TAMA-DONABE
「麦ごはんサラダ」大土鍋 TAMA-DONABE

過去に「麦ごはんサラダ」のことを何度もブログなどにつづってきたけれど、春と夏の太陽が顔を出すと作りたくなって、そしてまた記憶に留めておきたくなる。

 

イタリア在住時代、イタリア人の友人らに聞いて覚えたのでレシピもない。量も適当で記憶で作る。だからいつも味が違う。今は良い時代で動画も見つけたのでリンクを貼ろう。⇒イタリア語のサイトより(動画)

 

 

 

まずは材料(自分オリジナル版)

・大麦
・スペルト小麦(古代小麦)
・レンズ豆
・押し麦

・チーズ(ゴーダ、チェダー、グリエールなどお好み)
・モッツァレッラチーズ

・オリーブ(種無し/黒や緑)
・ズッキーニ
・パプリカ(黄)
・プチトマト
・ハム
・アンチョビ(あれば少々)
・オリーブオイル
・にんにく(少々)
・塩・胡椒(少々)

こうなったらご存知いつもの「なんちゃってレシピ」も!分量や分数のあれこれは一切なし。悪しからず。

炊飯のあいだに具材をカッティング
炊飯のあいだに具材をカッティング

1.大麦、小麦、レンズ豆すべて一緒に炊く(動画では炊きあがったら水でぬめりを取っているが私はやらない)
2.材料はすべて角切り(写真参照)
3.良質なオリーブオイルにニンニクのみじんぎりをほんの少し入れておく。
4.1が冷めたら2の材料(トマト以外)と3も入れて混ぜるだけ。


5. オリーブ、チーズ、ハムに塩気があるので味を見ながら味を整える。塩加減をみる。最後にトマトを入れて崩さないように混ぜる。
6. できれば冷蔵庫で1時間くらい冷やしてからどうぞ。

現在はネットで調べれば世界中のレシピが出てくるが、ネットがない当時は耳や目で直接教えてもらうしかなかったため曖昧な記憶。師匠のパートナーに教えてもらったあの空気だけは良く覚えている。展覧会のオープニングやフェスタ(パーティ)にせっせと何回もつくった。

イタリア白米またはペンネやコンキリエ(貝型のショートパスタ)に具材を混ぜるのがベーシックだが、今回は麦を「旅する大土鍋」で炊く(下の動画参照!)。
蒸らしたら充分に冷ました後に具を混ぜるのがポイント。炊くも混ぜるも食卓に出す器も土鍋オールワンで済むから便利。

あれはケータリングという呼称すらまだ巷に聴こえない頃だった。「ケータリングビジネスをやろうと思うの!」と胸の前で手を合わせながらオシャレさんでゲイのアンドレアがクネッと言った。その時、アンドレアが作ってくれたのが麦を使ったコレ。プチプチした噛み応えと野菜のみずみずしさ。麦の芳ばしさがマッチしていて「さすが繊細なクオーコ(料理人)アンドレア!」と唸ったあの時を忘れない。

 

ひんやりしたモルタルのモダンなインテリアの室内で、冷えた白ワインと「麦ごはんサラダ」を食べた。大きな窓から入る太陽は、まぎれもないイタリアのものであり、ぽつぽつと食べながら独り心の中で「わたしはもう一度ここでこの料理が食べられるのだろうか」と、急襲した切ない気持ちをスパイスに、窓格子が落とした影をずっと眺めていた。

「地球のかけら」を意する工房Cocciorinoは
魅惑の素材をのせる器として
地球を応援していきたいと願っています
tamamiazuma.com

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP