土鍋で泳ぐぞサカナスープ

サカナスープ 土鍋(大/白)
サカナスープ 土鍋(大/白)

アラをさがそう!?

サカナ売場でアラや肝をじいっと見るのが好き。

アラといえば、煮つけや鍋、おみそしるなどが頭に浮かぶが、このレシピ(スープ作家有賀薫さん/Cakes連載)を見たとき、そうか「アックアパッツァ(伊料理)」か!と膝をたたいた。各種魚介やハーブをふんだんに入れ、サフランも入れたりしてわりと手をかけるのが「ブイヤーベース(仏料理)」だとしたら、水とワインにアラ(もちろん身つきサカナでも良し)をドボンと入れた手荒い料理(言いかえればシンプル時短料理)が、アックアパッツァではないかな。

有賀さんの“包丁を使わない簡単な魚のスープ”をつくりたくなったら、まずはサカナ売場へ「アラをさがしにGO!」コスパバツグンであること間違いなし!

「パッツァ」なんだから大丈夫

「アックアパッツァ」の「アックア」は水、「パッツァ」は狂うとかバカという意味だが、この料理の「パッツァ」には諸説ある。わたしが好きな説はナポリ漁師の料理説。もともと船上で漁師たちが作って食べる料理で、海水にワインを入れ、そこにサカナをぶっこんだという。つまりは「風変わりな水」からつくる料理という説。この手荒さが好き。



そして、有賀さんのレシピの特長もちょっとそれに近いというか、漁師風あらため家庭風、現代風といったところだろうか。記述の「風変わりな水」もレシピの材料を見ていただければ予想がつくだろう。「アクアパッツァ」のレシピはネットにたくさん登場するが、これをイージー&コスパ良好にする。わたしが冒頭で膝をたたいたのは、この漁師料理くらいある意味シンプルさが似ていたから。



そうそう、今回レシピ上では「鯛のアラ」とあるが、わたしはサカナ売場で「キンメダイのアラ」を買った。4つの目玉で占有されたカマのみ。身はほぼなし。金色の目をした鯛だと思い込んでいた。なんかレシピ写真と色がちがうねえと思い調べたら、なんと鯛は「スズキ」の仲間だが、彼らは「キンメダイ」として独立した家族であった。彼らがギョロッと金色に光る目で言った。「さいごに言わせて!」と。

ベースのレシピを少しアレンジ。鯛はキンメダイに代わったし、腹ペコ青年の家庭はボリュームアップを狙いジャガイモの角切りとサバの水煮缶を加えた。おしゃれなハーブの代わりに、あまって捨てがちなネギの硬くて青い部分をザクザク入れ、庭で大事に育てているスープセロリを1本だけ飾った。

む~ん。出汁がおいしくて思わず目をつむるほど。目玉は硬い!とさすがに降参したものの目玉のまわりがトロンとおいしいと白いビー玉をしゃぶる青年。玄米をスープに入れて食べたらさらに絶品。あまることなく平らげたが、もし余れば雑炊風(おしゃれにいえばリゾット)にすると美味まちがいなし!我が家は、4つの目玉とわずかな骨が残っただけ。キンメダイ家族さま命をすみずみまでありがとう。

「地球のかけら」を意する工房Cocciorinoは
魅惑の素材をのせる器として
地球を応援していきたいと願っています
tamamiazuma.com

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP