見てもらいたいもの見たいもの

今朝は台風一過の秋晴れ。しかしながら自慢できる「日本の四季」が薄れてきたような気がします。ようやく春と秋の良さがわかってきたというのに、こう雨つづきでは秋が見えないし感じられない。

こんなにも、ろくろでひいた作品が乾きにくいことがかつてあったでしょうか。職業にも響くこの気候。陶芸には悩ましいけれど漆芸には適するのかもしれず一長一短であるものの。きっと農作物を育てているかたや、他にも多くのかたたちが異様な雨つづきに泣いているでしょう。つくり手にはみんなに見てもらいたいものがあるというのに。

我が家に迎えた marini*monteany さんの作品(絵画編)と我が家に住む誤解されやすいくま(ほぼ日)
我が家に迎えた marini*monteany さんの作品(絵画編)と我が家に住む誤解されやすいくま(ほぼ日)

楽しみにしていた展覧会marini*monteanyさんの”museum"へ。会場に入ると壁いっぱいに原画や版画やポスターが貼りつくされていて圧巻。(November.7まで)

現在かつてないタイトなスケジュール。夢にうなされるくらい間に合わないと日々焦り、かなり厳しい体制で自己の殻にひきこもり制作している現在のわたしに「がんばりすぎです」「少し休みなさい」は、仕事として果たすまではどうしても無理なのです。そんなとき、marini*monteanyさんの100点の壁の作品は「見てもらいたいたいからこそ、ぼくらもがんばっていますからね」「見てもらいたいものがあるからこそ、嘘はつきませんよ」という力強いメッセージをくれました。ぶるぶるするくらい励まされ、泣き出しそうになるくらい嬉しかった。それは確実に彼らの姿勢。絵本やオリジナル雑貨も大人気な彼らではあるけれど(そういう私もファンであるけれど)、壁の100点は「まずはわたしたちを見て」と言っていたのです。

我が家のmarini*monteanyさんのクッションコレクション(雑貨編)
我が家のmarini*monteanyさんのクッションコレクション(雑貨編)

「見てもらいたいもの」をブレずに懸命に提示する。クライアントやお客様が求めるものと少し違っていても、自分に後悔がないように私自身もそれに徹してきたので、ああこれで良かったんだとさらなる決意も生まれました。それと、ここのところ目にする展覧会で気になっていたことが一気に解消されました。グッズがメインワールドになってきて、本来の原画より華やかに人を集めているのを見ると、天邪鬼なのでしょう、どうしても遠のいてしまう…。

なにを見てもらいたいのか。
そして、わたしはなにを見たいのか。

台風一過の賢さを忘れたような唐突な晴れ空にちょっと苛立つのは、きっと、今年の秋はなにを見てもらいたいのか分からなさすぎるから。そんなに急な晴れ空で人を喜ばせなくてもいいのだからね。本来のやさしい日本の四季を戻してくださいな。

marini*monteanyさんとの出会いは、名古屋の保育園のシゴトにさかのぼります。

marini*monteany彼らが園内のあちこちに描く絵や園のマスコットオブジェ、そこに天井からぶらさがるモビールや壁の陶かざりのCocciorinonoアートワーク。「子どもに見せたいもの」という強い願いは、両者に強く共通する思いだったのでしょう。

(2012レイモンド保育園/コーディネータ:平井亙)

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP