ハロウィーン -霊界とこの世とが交差する時-

ミニミニ土鍋「かぼちゃのスープ」
ミニミニ土鍋「かぼちゃのスープ」

仮装はしかりハロウィーンイベントを楽しむことは残念ながらありませんが、ハロウィーンといえば、不思議な感覚を持ったアイルランドの旅を思い出さずにはいられません。アイルランド人の友人が車であちこちに連れて行ってくれましたが、ところどころで不思議な鳥肌が立ったり、ふと目の前や吹く風のなかに何かがいる錯覚、いや幻覚のようなものを覚えたのです。アイルランドの旅話はまた機会があれば。


その後、そんな私を納得させてくれたのが、これから紹介する映画と鑑賞会で拝聴したトークショーです。幸いにも監督からのリクエストでトークショーの音声を文字に起こして原稿を提供するという機会に恵まれました。

Soul Odyssey -ユーラシアを探して 監督 渡辺真也

渡辺真也監督自身が、ユーラシア大陸に位置する13ヶ国(ドイツ - ポーランド - ウクライナ - グルジア - アゼルバイジャン - カザフスタン - ウズベキスタン - キルギス - ロシア - モンゴル - 中国 - 韓国 - 日本)を陸路で横断する様子を記録した映画です。⇒公式ホームページ

監督は、芸術家ヨーゼフ・ボイスとナム・ジュン・パイクの研究者でもあります。生涯にわたり「ユーラシア」と呼ばれるコラボレーションを行った2人を研究されていた監督は、ボイスとパイクに関係の深い土地をも巡ります。分断されたヨーロッパとアジアをひとつの大陸文化『ユーラシア』として統一しようと試みた芸術家たちの夢をなぞらえ、監督は旅をする。

仏教「十二縁起」の輪廻転生する魂(Soul)と、西洋の神話学者ジョーセフ・キャンベルが唱えた「英雄の旅」12章の旅(Odyssey)の概念に重ね合わせる形で、この映画も同じく12章から成っています。鍵となる「白鳥伝説」も見逃せません。英雄の旅は私たちの生涯となり、私たちの生涯は、終わりの無い転生の旅となると監督は唱えます。

モンゴルのウランバートルでシャーマンを通じて恩人である故マルケル監督との交信を試みる様子は、まさに本日のブログのタイトル「霊界とこの世とか交差する時」あり、忘れられないワンシーンです。

映画『Soul Odyssey – ユーラシアを探して』日本プレミア上映後トーク 鶴岡真弓さん

2017年01月に行った鶴岡真弓さんを招いてのトークを、僭越ながらわたくしが書き起こしたものがWEBページにアップされました。⇒http://www.shinyawatanabe.net/soulodyssey/ja/premiere-talk2.html#talk6

ケルト芸術文化研究家である鶴岡真弓さんは、ハロウィーン(サウィン/万霊節)は「生と死の間の壁が取り払われて死者が一年に一度蘇り、供養され、生と死が交流する日」という話をされています。そして「その混沌のエネルギーによって、それまでの365日の古い時間が反転し、新しいものに再生し、夜が明けて正月(11月1日)を迎える」と説明してくださっています。

今年の1月にこのトークを拝聴し、その後、音声を文字に起こしたのですが、そのときに今年のハロウィーンにはいつも以上に目をつむり混沌のエネルギーを感じようと思っていたのです。さて、そんな夜がやってきます。記念すべき日に、このすてきな映画をご紹介できて心がスーッとしました。今夜は霊界のみんなとこの世のわたしたちで「かぼちゃのスープ」を食べようと思います。

各地で上映会が行われているようですし、DVDの発売もされています。どうぞ機会がありましたら、ぜひご覧ください。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

EXHIBITION/EVENT

今後の予定

我妻珠美 個展 -秋を炊く-

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

<今後予定されている個展>
2018年 7〜8月 旅する土鍋 イタリア

2018年10月 忘我亭 着想は眠らない 公募展

2018年11月 Ecru+HM

2018年11月 push pull クリスマスの木 グループ展

2018年12月 Ecru+HM クリスマスグループ展
2019年5月 新宿高島屋
2019年冬 CROCO ART FACTORY
<その他>
2018年春「旅する土鍋本」POP UP 
某レストラン新メニューお披露目など

終了したイベント/展示

終了いたしました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了いたしました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了いたしました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP