· 

薬膳茶話と土のうつわ

「菜の花の白和え」Cocciorinoココット
「菜の花の白和え」Cocciorinoココット

春はカラダの血流も心のざわめきも活発にうごく季節。寒さにまけないための冬の防寒着も、溜めこんだ老廃物も、意識して捨てる手伝いをすると気持ちのよい春がくるんだなぁ。atelierハル:G 伊嶋まどかさん(薬膳スタイリスト)の「4月の薬膳茶話」に参加しての実感。

古代中国から発した「五行思想」とは、万物は5つの元素(木・火・土・金・水)からなるという説。自然哲学思想から日々の食事や体調を相関的に考えることは「思想」というより「意識」かな。春の象徴は「木」であり五臓の要素では「肝」。大きく枝や根をのばす春の樹木を想像しながら、内臓の働きや血や体液の潤いを意識する…。このところ春の野草やタケノコを好んで食べまくっていたのは、そこに芽を出す(発陳)から食べるだけでなく、カラダが「解毒」や「排出」を訴える季節だから、あえて昔の人もむさぼり食べていたのかな(解毒反対説など諸説ありますが)。そもそも山菜のえぐみは、虫など外敵から身を守るための防衛手段。少なくとも自然と人間がうまく共存する循環図があったのでしょう。

※あく・えぐみについての質問もしてきましたが、新鮮なものを多く摂らなければ悪いものではないけれど、体質によってアレルギー反応やお腹をこわしたりするかたもいるので、灰汁抜きをすることが無難ということでした。

Cocciorinoのおいしそうなうつわ

さて、今回の座学のあとの試食会にて、いくつかCocciorinoのうつわを使っていただきました。春の土の香りをイメージするような、春のアースカラーが生きるような、素朴なうつわを選んで参りました。Cocciorinoのうつわは、どんなときも、どんなアイテムでも “おいしそう”を目指しています。例えば、時計でも“おいしそうな時計”でありますように!

左上の「タケノコの炒め物」のグラタン皿は、直火で炒め物もできるうつわです。恒例のミニミニ土鍋は、ちょっとお漬物を入れるのにも便利です。そのまま冷蔵庫に入れられます。

座学のあとは、養生にそぐう食材と試食。ご用意くださったのはメニューは以下の通り。

・「タケノコのクコの実赤ワイン炒め」
・「菜の花の白和え(はとむぎ入り)」
・「カブのおつけもの(赤米酒粕漬け)」

薬膳やお野菜にご興味あるかた、atelierハルさんでは定期的に講座を企画していらっしゃるので、ご一緒しましょう!

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP