· 

スープ作家さんとイタリア・ズッパ研究

ZUPPA(ズッパ):スープの一種、原則としてパンを加えてつくる、または添える。トスカーナのリボリータ、ヴェネトのソパ コアダ、リグーリアのチュッピンなど、各州を代表するズッパが多数ある。(イタリア料理小辞典/吉川敏明 著/柴田書店)

きょうは朝から梅雨らしい一日で、自分自身がびしょびしょになっておいしいズッパに浸かってしまうようなどしゃ降りでした。

スープ作家の有賀薫さんの「イタリア・ズッパ研究」にお供させていただき、「ズッペリア・オステリア・ピティリアーノ」というイタリア料理の食堂へ。「ズッペリア」?聞いたことない単語だなと思ったらシェフの造語だそうで、シェフが修行したトスカーナ州ピティリアーノ村の郷土料理がいただけるお店でした。イタリア現地で食べるよりかなり上品な仕上がりで最初は驚いたけれど、南トスカーナ、ウンブリアあたりの伝統料理がピンポイントで再現されているのは興味深く、しかもズッパが常時いくつも並んでいるメニューは日本では珍しいのではないでしょうか。

「揚げと小松菜のスープ(有賀さんレシピ)」Cocciorinoミニ土鍋
「揚げと小松菜のスープ(有賀さんレシピ)」Cocciorinoミニ土鍋

有賀薫さんは「365日のめざましスープ(2016)」「帰り遅いけどこんなスープならつくれそう(2018)」の著者。わが家は粗食であるからこそ、鍋物、汁物、スープ率が高く、彼女の一冊目も二冊目も、もちろん手元にあります。


まずはズッパ談議をひとしきりして、時おりイタリアの地図など見ながら、イタリアや日本が誇る地産食材のこと、未来のビジョンを言葉にするということ、ちょっと困っていることを変えていくデザインについてなど語り合いながら。さっそく前菜「リコッタチーズ」オタハイトレモンジャム+とひとつまみの塩を添えて食べながら、冒頭のイラスト左(白葡萄酒)を飲みました。

ちょっとコッパズカシイけれど、活動や作品というのは誰かのためになにかするべきものなのか?なんていう話など熱血してきたころ、フィレンツェで食べていたタイプとは違う「スープ仕立てのランプレドットが登場。もういっぱいイラスト左(白葡萄酒)を。続いてアオリイカのソテーが出てきて、もうその頃には梅雨など忘れていまして。

 

イタリア・ズッパ研究、近いうちにイタリアでしませんか?なんてお誘いしているうちに、研究の佳境「ズッパ・ディ・ファッロ(3種の豆スープにスペルト小麦)」登場。ウンブリア郷土料理とありましたが、豆のスープはどの地域でもおいしい。白インゲン(カンネッリーニ)、ウズラ豆(ボルロッティ)、金時豆(ロッシ)のポタージュにもちもちなファッロ(スペルト小麦)が入っていて。90年初頭お金もないフィレンツェ在住時代にカンティーナで食べた素朴な味を懐かしく思い出しました。次はウンブリア料理「チポッラータ(卵入りタマネギとトマトのスープ)」。ここでイラスト右(フルボディ赤葡萄酒)に変更。タマネギスープのドロッとした甘さと、先ほどの豆スープの甘さは違い、2品続けてズッパを食べても飽きないですね。

お話はまだまだ続けたいのですが、そろそろおひらき。もうドルチェは入らない。エスプレッソ・ドッピオ(2倍で!)を飲んで胃を沈め、近い将来のスープ研究イタリアをまじないで錠剤にして、ポンと口に入れておきました。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP