· 

土鍋を育てる「名誉ある焦げあと」

薪窯のなかで/ボローニャにて Cocciorino土鍋
薪窯のなかで/ボローニャにて Cocciorino土鍋

「よく育つ」

下の写真は、10年使いつづけているコッチョリーノ初代の土鍋。当時、2年のトライアルを経て、使用の安全性を確認したのち、個展で発表した想いのつまった一品。初代は線にも迷いがあったなぁ。それよりなにより、我が家でよく育ってくれているなぁとしみじみする。

ヘッダー写真にあるように、イタリアでは、薪窯に直接入れて使ってくれている家庭もあるので、それはそれは見事に育っていてうれしい。

最初のひとすじの焦げは「汚れ」として気になるものだが、だんだんと重なるグランジっぷりは、使い手の作品となる。つくり手は、きれいなままの器より、その人が映し出される器をみると、泣きたくなるほどうれしくなるのだ。

「愛着」と「名誉ある焦げあと」

「たまねぎスープ」スープ・レッスン(有賀薫)Cocciorino ココット
「たまねぎスープ」スープ・レッスン(有賀薫)Cocciorino ココット

土鍋は、煮込むだけでなく、炒めることもできる。
今回は、もっとも敬遠される「焦げ」を恐れるなかれ、あめ色たまねぎからつくるスープを、炒めることから加水してスープに煮込むまで、土鍋ひとつでつくってみた。


下の写真、左から「①あめ色に炒める」⇒「②加水して完成」⇒「③洗浄後」である。
洗浄すれば、ご覧のとおり8割方の焦げは落ちる。なんせ10年使い続けている土鍋なので、③の写真は、経年的な汚れを含めてのものであるが、ひとつ今回の調理で取れなかったのが、釉薬のかかっていないふちの部分の汚れ。これを「名誉ある焦げあと」とあえて呼びたい。

Cocciorinoのツイッターにて、スープ作家の有賀薫さんよりご質問いただいた。

「育った鍋でつくるスープは新品の鍋とは味がちがうのだろうか」@kaorun6 ⇒@cocciorino

Cocciorinoのお答えは以下のとおり。

「作家として、まずは「愛着」を持ってもらうこと。革の靴、財布のようなもので、クセを知れば料理も楽しくなる。味覚としては、洗わない伊エスプレッソマシーンにも近いような。油がしみこみ美味、こびりつきにくく、かつ丈夫になると実感していますが、料理のプロではないので検証の余地なし」

「にんじんスープ」スープ・レッスン(著 有賀薫より)/Cocciorino土鍋
「にんじんスープ」スープ・レッスン(著 有賀薫より)/Cocciorino土鍋

※当記事はnote「ちょっとブレイク 土鍋を育てる」書き下ろしたもの

INFORMATION

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma 
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※22日休廊
東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル4F

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

EXHIBITION/EVENT

今後の予定

我妻珠美 個展 -秋を炊く-

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※22日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

<今後予定されている個展>
2018年秋 Ecru+HM
2019年春 新宿高島屋
2019年冬 CROCO ART FACTORY
<その他>
2018年春「旅する土鍋本」POP UP 
某レストラン新メニューお披露目など

終了したイベント/展示

終了いたしました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了いたしました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了いたしました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP