ミニ土鍋で味わう旬のめぐみ

最近なによりうれしいのが、みなさま自由に土鍋やミニ土鍋の使い方をイメージして、わくわくして使ってくださっていることです。

土鍋を紹介している中で増えてきた質問が「IHは使えますか」。5年前くらいからちらほら聴こえはじめ、いまや3倍くらいに増えたこの質問。炊飯やグツグツ煮込むなど使えないシーンはもちろんあるけれど、ミニ土鍋は不可能な悔しさより、可能な喜びをご提案しつづけます。現在も12月個展の土鍋と、10月展覧会でいただいたオーダー土鍋をつくっています!せっせせっせ。

ひさしぶりに恒例の「なんちゃってレシピ」を2つまとめて。どちらもミニ土鍋でのご提案。こんなになんちゃってなのにツイッターなどでお問い合わせいただいたり、ご好評いただきありがとうございます。いや、ほぼ材料だけの記述なのでレシピではなく本当は「なんちゃって材料」ですね。

カキ鍋ヨーグルトパフェ

カキ鍋ヨーグルトパフェ/Cocciorinoのミニミニ土鍋
カキ鍋ヨーグルトパフェ/Cocciorinoのミニミニ土鍋

今年は柿が豊作なんだそうです。柿とヨーグルトの組み合わせが大好きで、この季節はほぼ毎朝食べている「カキ鍋ヨーグルトパフェ」。『カキ鍋』といっても牡蠣でなく柿。どちらも旬ですね。バナナのヌルッでもリンゴのシャリッでもなく、柿のホクッという食感も乙。柿のファジーな甘さがヨーグルトに伝わっておいしいのです。

なんちゃって材料「カキ鍋ヨーグルトパフェ」

ひとくち大にカットした柿
ひとくち大にカットしたバナナ
豆乳ヨーグルト(普通のヨーグルトでもちろん良い)
チアシードやドライフルーツ(1時間くらい前にヨーグルトに浸しておく)
シリアル

カボチャの鍋スープ

年中店頭にならぶ野菜のひとつですが、ハロウィンあたりに俄然やる気を見せているように見えるカボチャ!近年は、メキシコ産など輸入物の方が勢力的に販売されていますが、国産の旬は11月の冬至のころまでということです。⇒(参考:情報サイト野菜ナビ)

カボチャスープはたっぷり大鍋でつくり、召し上がる際にミニ土鍋を使うご提案です。和食のお吸い物椀のようなポジションですね。あまったスープをミニ土鍋にうつして冷蔵庫に入れて保存するのにも便利。小さい土鍋が冷蔵庫にちんまり鎮座する姿はかわいいです。ちなみに、カボチャのスープに豆乳ヨーグルトをポトンと食べる直前に落とすのが好きなんです。お試しあれ!

なんちゃって材料「カボチャの鍋スープ」

①薄切りカボチャを茹でる
②ミキサーに①と茹で汁を少し入れてガーッとする
③鍋に戻して温めながら塩で味を整える(甘さ不足の際は甘酒を入れる)
④炒ったドライカボチャの種少々、パウダーにしたなつめ少々、豆乳ヨーグルトひとスプーンを準備
⑤ミニ土鍋にスープを入れ召し上がる前に④を好みでパラパラドボン

ギャラリーのオーナーと相談しながら、ミラノの師匠GUIDO DE ZANの作品をセレクトして参りました。

tamamiazumaの新作と師匠の作品がいっしょに並ぶスペシャルな展覧会になると思います。詳細は後日。どうぞお楽しみに。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP