· 

1月の鑑賞イベントあれこれ#1

一年中、制作するか展覧会に立っているか、ときにイタリアに旅してるかのどれかなのですが、アイディアでおなかがすくので、大量のインプットも必要です。先月1月はウェイティングいただいていた打ち合わせつづきで、外に出ることが多かったので、できるだけすきまの時間に「インプット」で空腹やノドの乾きを満たしました。1月に鑑賞したものの中から、記録に留めるべくイベントや鑑賞したものをまとめます。

●「にっぽんの暮らし展」代官山 T-SITE GARDEN GALLERY
 

偶然にも昨年も通りがかりで入り、今年も偶然この展に出会いました。しかも、昨年高島屋で展覧会をしたときに隣のブースでお知り合いになったマルナオさんと、お茶のカネジュウ農園さんがいらしゃってびっくり談笑。新作の「カネ十アールグレイ(ベルガモット入り)」を購入。Cocciorinoのポットで数煎淹れてもおいしいお茶です。

●「武蔵野美術大学 卒業・修了展」

 

初心忘るべからず。母校ムサビへ。あらためて校舎や設備の秀逸っぷりに関心。生活の経験を重ねたほうが磨かれる分野と、より新しい発想が光る学科の差があるのだなあと改めて感じながら鑑賞。創設以来、2019年度より初の新学部が誕生する母校にあらためて関心を向けて行きたい。

●「南方熊楠ー100年早かった智の人ー 展」 国立科学博物館

 

森羅万象を探求した「研究者」としての熊楠から、長年かけて多くの書き写しをし、実際に自然のなかを調査をし、採取し、資料としてコレクションしてきた彼は、100年後に生きるわたしたちへの「情報提供者」。神社合祀反対運動においては、自然保護運動の先駆者であると断言できるでしょう。

熊楠は、学問の方法論を展開するために学僧 土宜法竜と文通(書簡)をするなかで、思考の方法論ともいえるのだろうかキーワードを絵図にしたものがあります。この「南方マンダラ」というフレームワークというか言葉のマッピングにあらためて興味を動かされました。自宅に戻り、家人が持っていた「南方マンダラ(初版)」と「南方民俗学(初版)」を本棚からひっぱりだしてきて再読中。

●「日々の毎日展」ひびのさなこ×児玉伸一展
ひびのさんのハンコが好きで、COCCIORINO土鍋のハンコをオーダーしたいので初日いそいそうかがいました。まずは会場で販売していたオリジナルハンコのもろもろを入手(写真左)。ああやって使おう!こうやって使おう!とイメージして選んだハンコはちょっとマニアックなセレクトだったかな。

毎日のハンコとイラストと言葉は、ひびのさんと児玉さんのかけあいのような面白さ。児玉さんの「おにぎり」イラスト作品も思わずゲット(写真右)。児玉さんのサイン「Tama」とわたくしのサインがまるきり同じで、恐れ入りながらも字体や画風も近いので、おもわず自分でもハッ!とします。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP