· 

ルバーブとアイルランドの風(前編 ルバーブスープ)

ルバーブのスープ/ミニミニ土鍋Cocciorino
ルバーブのスープ/ミニミニ土鍋Cocciorino

アイルランドから友人がルバーブをお土産に抱えてきました。ゴツッとした美しい紅色のこのルバーブは、陶芸家コーンの庭でもらってきたものと知ったとたん、北西アイルランドの風がざわっと吹いた気がしました。ここは六本木の瀟洒なオーブンカフェだというのに。

ルバーブのジャムはアイリッシュのホームメイドにはかなわない。どう調理しましょうか。一日中工房でそんなことばかり考えながら、しばし思い出に浸りました。

アイルランドの風ものがたり(前編)

アイルランドを横断する比較的あたらしい平らなハイウェイ。クルマの窓をあけてどの国とも違う香りを大型犬のようにくんくん嗅ぐ。夏の終わりのイタリアから訪ねたわたしの格好を「唐突千万だよ」と粗相を文学的に笑う風は寒く、聴けばそこはウィリアム・バトラー・イェイツの墓のそばだった。

陶芸家コーンの工房つきの家に到着すると、コーンはご婦人と早い夕食中だった。(つづく)

今回の恒例「なんちゃってレシピ」もナンチャッテに変わりはありませんが、かなりオリジナリティの高いスープに仕上がりました。繊維質だらけで歯ごたえのあるスープの中に、噛むとドロッと形を崩すようなルバーブ。梅干しのような感触と酸っぱさ、ドライトマトにも通じる味です。

90年代のアイルランド経済成長により労働のためにたくさんの民族が入り込み、ご多分に漏れず都市ダブリンには難民も多くみられました。ルバーブの酸味に合わせ、エスニックなスープに仕上げ、添えたココナッツの玄米おにぎりにはパクチーを。

「エスニック風ルバーブスープ」

1.ニンジン、セロリ、春タマネギ、ルバーブをさいの目に切る。
2.①のニンジン、セロリをボイルする。
2.セミドライトマトを千切りにして①に入れる。(※1)
3.ウコンの粉(ターメリック)やガラムマサラ、なければカレー粉など加え、塩こしょうで味を整える。(※2)
4.①のタマネギ、セロリの葉を入れて煮込み、最後に①のルバーブを入れて火を止める。(※3)

(※1)酸味がルバーブに合う!
(※2)酸っぱいルバーブにエスニック風味が合う!
(※3)ルバーブはセロリ同様に繊維質の多い野菜だが水溶性であるため加熱するとすぐにドロドロになる!土鍋の余熱で溶けるくらいがちょうどいいので、最後に入れる!

おまけ「ココナッツ風味の玄米おにぎり」

1.玄米ごはんを、オリーブオイル、ココナッツダイス、塩で和える。お好みでパクチーを乗せて。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

EXHIBITION/EVENT

今後の予定

我妻珠美 個展 -秋を炊く-

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

<今後予定されている個展>
2018年 7〜8月 旅する土鍋 イタリア

2018年10月 忘我亭 着想は眠らない 公募展

2018年11月 Ecru+HM

2018年11月 push pull クリスマスの木 グループ展

2018年12月 Ecru+HM クリスマスグループ展
2019年5月 新宿高島屋
2019年冬 CROCO ART FACTORY
<その他>
2018年春「旅する土鍋本」POP UP 
某レストラン新メニューお披露目など

終了したイベント/展示

終了いたしました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了いたしました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了いたしました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP