· 

ルバーブとアイルランドの風(中編 ホットヨーグルトスープ)

「ルバーブ入りヨーグルトスープ」ミニミニ土鍋Cocciorino
「ルバーブ入りヨーグルトスープ」ミニミニ土鍋Cocciorino

ここ数日の東京は3月中旬だか下旬だかの気温で寒かったのですが、きょうは晴天が戻ってきました。地下工房はうすら寒くカラダが冷えるので、いつも食べる豆乳ヨーグルトで温かいスープをつくりました。つなぎ姿のまま工房から庭に出て、雑草だらけの庭に座って。ちなみに、テラコッタのかけらのテーブルはフィレンツェ修行時代につくったオブジェが割れたもの。

春だから気まぐれなのも許される。気まぐれな天気といえばアイルランド。中編も「陶芸家コーンのおはなし」を少しつづった後、最後に「豆乳ホットヨーグルトスープ」うつわ職人のなんちゃってレシピ添えますね。

アイルランドの風ものがたり(中編)

(前編よりつづき)

 

陶芸家コーンご夫婦の夕食は質素だったが、ご婦人は「シチューですが召し上がる?」「それともアップルパイでもいかが?」と夕食に誘ってくださった。夫婦水入らずの夕食時に来訪したことを友人とともに侘び、お誘いは丁重におことわりした。庭を見せてもらいますと風の強い庭に出て植物などを見る。イタリアもそうだが、ここアイルランドも「食事中なので外で待ってて」などとシャットアウトせずオープンでカッコをつけない。どんなに質素でもふだんのままを見せたり、分け合おうとしてくれる。すてきなスタイルだ。

夕食が妙に早いのか、夕刻の空が明るすぎるのか「地球の広さ」がどのくらいなのかくらくらするような風の香りにつつまれていた。「もうひと雨くるかな」とコーンは食事を急いで済ませ庭に出てきてくれ、離れの工房を案内してくれた。

工房に入ったとたん、今度は「地球の狭さ」がどのくらいなのかわからなくなる。大学のなつかしい工房の香りも、東京の自身の工房も、ミラノの師匠の工房も、そしてコーンの工房も同じ香り。親近感ある同じような道具が同じような汚れ方で置いてある。コーンの大きな手とわたしの冷たい小さな手は強い握手をかわし、陶芸家であることでどの国でもなんだかわからない絆が生まれることを実感する。(つづく)

ホット豆乳ヨーグルトスープ とろりバナナ&ルバーブ入り

ヨーグルトの乳酸菌は40℃くらいで増殖しやすく、60℃前後で死滅するそうです。カラダの中は温かいので冷たいままでも効果ありだそうですが、最初から温かければ元気な乳酸菌が入るし、代謝も上がり免疫向上に期待あり。加えて水溶性の植物繊維ルバーブは40℃くらいの余熱で柔らかくなります。バナナも火を通すと甘味を増し、酸っぱさと甘さのバランスが絶妙です。(参照:菌トレ

温めすぎないためにも、土鍋の余熱調理はとっても便利です。

1.豆乳ヨーグルトと豆乳を半量ずつ土鍋に入れ弱火にかける。
2.ルバーブ(薄切り)、バナナ(輪切り)、ブドウ(皮ごと)、ミカンの砂糖漬け、黒豆絞り(※1)、桑の実などを入れて温める。
3.甘さが少し欲しい場合は甘酒を入れる。
4.40℃(ひと肌より少し熱いくらい)で火を止め、土鍋の蓋をして余熱調理。
5.ミントの葉をうかべて召し上がれ。

★豆乳ヨーグルトでなく無糖ヨーグルトと牛乳でももちろん可!
★②で入れるトッピングはお好みでお手元にあるものを。
★※1は煮豆をオーブンで焼いてグラッセ状にしたもの。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

EXHIBITION/EVENT

今後の予定

<予定されている個展>
2018年秋 Ecru+HM
2019年春 新宿高島屋
2019年冬 CROCO ART FACTORY
<その他>
2018年春「旅する土鍋本」POP UP 
某レストラン新メニューお披露目など

終了したイベント/展示

終了いたしました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了いたしました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了いたしました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP