· 

近くの道草よもぎ摘み(後編)ー土鍋という広場ー

よもぎおこわ /Cocciorino ミニミニ土鍋
よもぎおこわ /Cocciorino ミニミニ土鍋

土鍋という『場所』

いつもは玄米食ですが、香りや色を楽しみたいときは白米を炊飯したりリゾットにしたり。今回のよもぎごはんは「もち米8:白米2」。玄米をはじめ、もち米も秋田の生産者さんから無農薬(減農薬)米を定期便で送ってもらっていますが、この甘さとよもぎの苦みこそ、体験と記憶。そしていつの日か既視感となり。(※文末の余談もご参照あれ!)

前回の「薬膳茶話と土のうつわ」でも書いたように、旨味や苦みも、手でつくった器の素材を介在して、土にしみこむ体験を伝えたい。おいしく炊ける炊飯器や技術を配したプロダクト品としての鍋はたくさんありますが、鍋で炊いたごはんがおいしい理由は、『技術』の競争や『見た目』のオシャレさの自慢でなくて、中にいれる食材が、居心地よく最後まで土と共存できる『場所』であり、これこそ真意のデザインだと思うのです。食材とのコミュニケーションや対話があって、なにかを発見したり解決してくれる『場所』。「コッチョリーノの旅する土鍋」が提唱する『広場』ではないかと。

この夏も「旅する土鍋」は海を越えて活動する予定です。みなさまと各地でお会いできる日を楽しみにしながら、目下オーダーいただいている作品を納めること、イタリアでの作品展の制作、そして秋の個展の準備などに翻弄されながらも、『広場』のことについては毎日あたまの片隅で想像をふくらませる日々を送っています。

(※余談)よもぎ(伊:アッセンツィオ/聖人の名)は、イタリアの田舎に行くと道端に生えており、90年代ミラノの友人に天ぷらで振る舞ったことを思い出しました。日本同様に薬草として、あるいは魔除けの草とされていたそうで。19世紀頃の欧州には、日本のよもぎとは異種である「ニガヨモギ」というよもぎ入りの治療薬(アブサン)というものがあって、後にあやしいお酒として数々のアーティストをダメにしていったらしい(-_-;)

写真のよもぎごはん 恒例なんちゃってレシピ

1. よもぎの若芽を摘んでせいろで3分ほど蒸す。(少し萎れる程度で葉の原形は残る程度)
2. 炊きたてのごはんに①を和え、白ごまと塩を少々。土鍋の蓋をしめて1時間ほど放置。

1時間ほど経って土鍋のふたを開けると、それはそれは美しいよもぎ色と春の香りに部屋中が染まります。(よもぎを米と一緒に炊きこむとアクが出て発色に劣るのでこの方法を取っています)


※前編では「よもぎペーストのパスタ」をご紹介しています。
「近くの道草よもぎ摘み」(前編)

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP