· 

そらまめ占いとシンコペーション「空豆とトマトのスープ」

「空豆とトマトのスープ」Cocciorinoカップ
「空豆とトマトのスープ」Cocciorinoカップ

そらまめ占いとシンコペーション

スーパーなどで見る色もきれいでサイズがきれいに揃った大振りな空豆。中身の豆に安定性はあるけれど、ごそっとさやを捨てるたびに、きっと育てるのに人工的操作はあるし、選別という人間の労力がかかっているのだろうなぁなどと切なくなるのです。

近所の庶民的なお店にはキズがあったりサイズ不揃いな空豆が売っています。愛嬌があるので好きです。さやから豆を出す前に「あした晴れる!」さや開けて「アタリ!」とか「うひゃ、ハズレ」とか、占いチックなドキドキが味わえます。サイズというか成長具合が不均衡で、さやの中に大粒ひとつ、超赤ちゃん豆ひとつとか、大きいさやのわりに豆ひとつとか、小さいくせに中豆4粒とか。さやに守られて、必死に自分が生きるために栄養をもう一粒にもらって生きたんだろうなとか、空豆が必死に生きている感じ。やはり生きるということは、単一でなく、バラつきがあったりズレたりがいいですね。

「空豆とトマトのスープ」温かいスープでもガスパッチョ風でも!

さやから出た空豆は思ったより不発が多くて。急きょ無農薬スナップエンドウも足しました。豆はもっぱら土鍋せいろ蒸し。栄養分がお湯に逃げないし茹ですぎも防げるからです。

 

先日「ズッペリア」で食べた「3種の豆のスープとファッロ」を参考にトマトも入れて。わが家は皮ごとマッシュ。粒つぶな食感がスープに生きていました。タマネギを入れてもおいしいでしょうけれど、空豆の風味を活かしたく今回は入れませんでした。食べる前にヴィンチ村の友が育てたオリーブオイルをツツーッと。お店ではトッピングされていたジェノベーゼペーストの代わりにオリジナルよもぎペーストを。夕食は温スープとして、残ったスープは冷蔵庫で冷やして翌朝は冷製ガスパチョ風。浸したチャバッタ(パン)は「ズッペリア」のオリジナル。

余談ですが、ドンキホーテの中で食べている「ガスパチョ」にも浸したパンが入っていて、イタリア「ズッパ」同様、パンを浸したスープをいう意味も含むようで。いまや冷製のイメージが強いが、寒い冬はそれを温かいスープとしていたそうで。語源「砕いた(さいのめ)野菜」も多く耳にしますが、そういう意味では、我が家の豆の皮まで入った食感はある意味、語源通りかもしれませんね。

1.さやから出した空豆、スナップエンドウを土鍋せいろで蒸す。
2.皮ごとざく切りにしたトマトと①、水、オリーブオイル、塩、バジルをフードプロセッサーでガーッとする。
3.鍋に移しスープの濃さを調整。水やトマトピューレなど加えて0塩で味を整える。
4.召し上がる前にオリーブオイルをクルッとかけてジェノベーゼペースト(よもぎペースト)をトッピングして、あればナツメグを少し削って入れる。ミントを添えて。

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

DONABE project?

土鍋プロジェクトとは?

 


うつわとは話題いっぱいの「ちいさな広場」。

「ちいさな広場」=「DONABE」を抱えて旅をしています。

時間さえあれば佇んでいたイタリアのピアッツァ(広場)。耳をすませばたくさんの言葉が飛び交い、見知らぬ人が微笑みかけあい、みんなの想いやエネルギーが集結する場所。土鍋を囲むとPIAZZA(広場)にいるような気持ちになり、話題は広がり心も満たします。そんなわけで土鍋と旅に出るのです。

WHAT'S NEW?

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

今後のEXHIBITION/EVENT

<予定イベント>

2019年夏 「旅する土鍋」イタリア
終了

ミラノ拠点
南マルケ「ラベンダー祭り」
北マルケ「ハーブ工房訪問」
トスカーナ「水車小屋訪問」
ヴィンチ村「ワイン祭り」
カラブリア「地方の土鍋料理」
リグーリア「日々の土鍋料理」

2019年10月
建築家の会にて土鍋料理とお話しの会
東京 終了

2019年10月
「着想は眠らない」公募展 
蓼科忘我亭 開催中

2019年11月
Caffe Push Pull

2020年 2月
我妻珠美 陶展 詳細後日
横浜元町 CROCO ART FACTORY

2020年 6月 詳細後日
新宿高島屋 

2021年 1月
銀座エクリュ+HM


<その他>
「旅する土鍋本」POP UP など

終了EXHIBITION/EVENT

2018年 7〜8月
旅する土鍋イタリア 終了

2018年10月
忘我亭 着想は眠らない 公募展 終了

2018年11月 Ecru+HM
「秋を炊く」個展  終了

2018年11月 push pull
グループ展 終了
 

2018年12月 Ecru+HM
チャリティー展 終了

2019年冬
旅する土鍋東欧 視察 終了

終了しました

食をたのしむ 2人展
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

新宿高島屋 10F
(TAKASHIMAYA Shinjuku Tokyo)
2019年05月22日~28日
※全日 在廊 終了

終了しました

我妻珠美 陶展 -秋を炊く-
Tamami Azuma
Ceramic Art Exhibition

Ecru+HM(Ginza Tokyo)
2018年11月16日~24日
※21日休廊

直火はもちろん、オーブンや蒸し料理まで使えるサイズちがいの土鍋や器を揃えます。10年以上企画してくださっている銀座の古き良き建物内にある小さくて品あるギャラリーでの定例展示です。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

終了しました

DUETTO
Tamami Azuma and Special guest GUIDO DE ZAN

CROCO ART FACTORY(横浜元町)
2017.12.16 - 12.24

クリスマスにむけてミラノでセレクトしてきた師匠GUIDO DE ZANの作品とtamamiazumaの作品がいっしょに並びます。

2人展

終了しました

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F

ギャラリー暮らしの工芸

※詳細はブログ内にて

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

終了いたしました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月
※「土鍋と旅」(仮)冊子発行予定

イベント「交差展 vol.10」

終了ました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP