「たびするタネさん」 TANE-SAN PROJECT

※以下写真については了解をいただいて掲載しております。個別写真の無断引用、無断転載を固く禁じます。

「タネさんの誕生」

 

ふとやわらかい粘土を思い出すような形。ふっくらまるくて、ちょこんととんがっている形。それは「水」の形、「タネ」の形です。多くの赤ちゃんが無意識にちゅーちゅーするので、とてもかわいいです。陶の器と同じで洗えます。落としてもケガするほどの重さではありませんが、投げたらいろいろなものが壊れます。人も壊れてしまいます。気をつけましょう。

 「タネさんの故郷 土と水」


生まれながらに感じるなつかしさ。生まれる前からカラダに触れてきた「水」。生きるために根っこをおろす「土」。それらがまるごとつまったタネ。

 

手で包むとほのかに温かく変化してゆく素材。小さな手にも大きな手にも、握力の弱い手にもなじみ、力強い手でも壊れない。タネさんを握ると、体温が土に伝わり、手の湿り気が土に吸収され安心感が生まれてきます。「ちょうどよい」なにかを感じるはずです。

たびするタネさん イタリア

このプロジェクトは日本のみならず、イタリアのいろいろな町で行われています。ミラノ、ボローニャ、トスカーナの子どもたち、またはゆかりある大人のみなさまに参加してもらうこともあります。

こんなに小さな世界でも同じタネさんは決して生まれないということ。色使いもカラフルで、驚いたのは、イタリア人の子どもたちは決してこれを「タネ」と一言で捉えないことでした。「シズク」と呼んだり、ある子は「ハリネズミ」に仕立てました。「空白を顔とする」という概念がなく、目や口を底に描いたり、白い水玉をいっしょけんめい塗っている子がいたということです。

写真クリックでスライドショー+タップで写真送りができます!

Click a photo to start slide-show!!

タネさんと心

タネさんに自分自身を投影し、世界にひとつだけのものをつくります。楽しく元気に生きるあなたも、ちょっと生きにくい世の中だと感じるあなたも、あなたの個性を活かすために、勇気をだして魂をふきこんでみましょう。(※以下はディスレクシアの研究をなさっている先生監修のもと行われたワークショップ)

tam
tam

写真クリックでスライドショー+タップで写真送りができます!

Click a photo to start slide-show!!

「ものがたり保育(レイモンド庄中保育園)」

ある保育園の「ものがたり保育」というアートプログラム。その中で使われる作品としてご提案させていただきました。「たねさん」のコンセプトをお伝えし、子どもたちに目・鼻・口を入れてもらうご提案。魂を吹き込み愛着を抱くことで、ものや人をより一層大切にしようと思う気持ちの第一歩になれば。

 

「たねさん」を「発見」して「育てる」…そして、その先には「なにがあるのか」。「たねさんってだあれ?」「たねさんってなあに?」まで子どもたちに考えて欲しいなと思っています。もちろん、なんとなく「おちつく形」、「おちつく温かさ・湿り気」を感じるだけでもいいのです。※同じ効果はご高齢者の方々にもあると言われています

Photo by Leimod Nursery School & tamamiazuma. Special thanks for Leimond's children.

「タネさんがゆく」

東京にもバラバラになった兄弟「たねさん」がいます。ときどき、新幹線に乗って名古屋の兄弟に会いに行きます。子どもたちは「ぼくもしんかんせんでとうきょうにいきたいな」と言いました。「旅したい」という気持ちがたねさんから伝わりました。こんなふうに身近なところから遠くに夢がふくらむって、とても大事なことです。

tam
tam

写真クリックでスライドショー+タップで写真送りができます!

Click a photo to start slide-show!!

tam
tam

 


「ものがたり保育~ノームの登場~」につづきます。⇒こどもPRJ.

演出チャイルド・コミュニケーション・デザイナー平井亙氏
MARS DESIGN WORKSHOP

 

レイモンド庄中保育園facebookより

 

【たねさん ものがたり保育】

-エピソード1-

-エピソード2-

-エピソード3-

-エピソード4-

 

⇒RETURN TO「PROJECT」 

tamamiazuma.com
tamamiazuma.com

 

「たねさんプロジェクト」はCOCCIORINOのアートワークです。
お問い合わせはこちら ⇒「CONTACT」

 

 

※しっかり焼き締めていますが、陶なので強い衝撃を与えると当然われてしま います。丁寧にお取扱いください。


※食器にも使っている色材で、窯で焼しめているので口の中で色落ちすること はありません。ケーキやお料理の飾りにもなりますが、かじったり、誤飲な どには充分にお気をつけください。

※ご好評いただいておりますお客様の声はこちら
★(sorry under construction) 

WHO'S?

 

   who is tamamiazuma?

 

WHAT'S NEW?

Facebook Cocciorino(工房ページ)

*Facebook(工房)*

Tam Cocciorino

 

*Facebook(個人)*

TamamiAzuma

Twtter Cocciorino(工房ページ)

EXHIBITION/EVENT

今後の予定

「イタリア旅する土鍋vol.4」 (プロジェクト取材)

イタリアを大きな土鍋を周る旅
カラブリア、マルケ、トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど 2017.7月-9月 

※9月末 冊子発行予定

今後の予定

2人展

2017.9.27水-10.3火
新宿高島屋 10F
ギャラリー暮らしの工芸

終了したイベント/展示

イベント「交差展 vol.10」

終了いたしました
2017.3.5 sun.-3.12 sun. 横浜元町
主催CROCO ART FACTORY

※我妻珠美 作品展示先
ジュエリーショップ「CHARMY」

個展 「我妻珠美 展」

終了しました
12月3日から11日まで、銀座一丁目のギャラリーEcru+HMにて開催いたします。


詳細についてはHP内ブログをご覧ください。みなさまのご来廊を心よりお待ち申し上げます。

グループ展  CHIRISTMAS

終了しました
CAFE&SPACE PushPull クリスマス展に参加します。
http://cspp.web.fc2.com/

公募展「着想は眠らない」

終了しました
公募展
#第4回着想は眠らない展   
出展作品「すみっこのひみつ」(版画/陶)
Gallery Bougatei 

プロジェクト「旅する土鍋vol.3」

帰国しました
イタリアを大きな土鍋を周る旅
トスカーナ、ボローニャ、ミラノなど
2016.8月-10月 冊子制作予定

ミラノ2人展「Ceramica」        Guido de Zan / Tamami Azuma

終了しました
#EXHIBITION

2016.09.29木 - 10.01土 *15:00-20:00
Studio Guido De Zan via F.Brioschi 26
+83 3476846842 info@guidodezan.it
.
#RECEPTION
2016/09/29木 *18:00-21:00

個展 「Cocciorino工房より」

終了しました
夏の土鍋使いをご紹介いたします。フィレンツェ田舎暮らしを楽しむ木工職人アントネッロの木のスプーンも。


2016.05.21(SAT)-06.05(SUN)
11:00-19:00 ※木曜定休
Galleria Tokino Shizuku
〒231-0861
東京都世田谷区南烏山3-11-29
ラルゴ芦花公園405
TEL 03-3307-8224

個展 「天空の灯り」

終了しました
2016.04.16(SAT)-24(SUN)
11:00-19:00 ※月曜定休
CROCO ART FACTORY
〒231-0861
横浜市中区元町1-71 メゾン元町 2F
TEL 045-664-4078
⇒MAP